学ぶ・知る

鎌倉で市内最大級のマジックショー 熊本・大分・東北大震災チャリティーで

イベントのポスターを手にする長戸さんは同協会認定のコミュニケーションマジシャンでもある

イベントのポスターを手にする長戸さんは同協会認定のコミュニケーションマジシャンでもある

  •  
  •  

 鎌倉パークホテル(鎌倉市坂ノ下)で9月23日、熊本・大分・東北大震災チャリティーイベント「~子どもたちに夢を~マジックファンタジー2 in 鎌倉」が開かれる。主催は日本コミュニケーション協会。

大掛かりなイリュージョンも披露。客席が近いので迫力あるステージを楽しむことができる

 人と人とのコミュニケーションツールとしてマジックの活用を推進する同協会。東北の被災地を訪問してマジックを披露するボランティア活動をこれまでに6回行ってきた。同イベントは、10月に予定している訪問の際に子どもたちに配布するグッズ購入などを目的にチャリティーとして開く。

[広告]

 「大きなマジックショーをいつかは鎌倉でもやってみたいと考えていた」と話すのは同イベントの実行委員・長戸久幸さん。「大手ブランドが開催しているものを除けば、このクラスのマジックショーを行うのは市内で初めて」とも。 

 出演するのは、Mr.HERO、ジミー菊地さん、イリュージョンユニット・WISHなど。人体交換イリュージョンやLEDジグザグBOXなど大掛かりなマジックをステージ上で行うほか、開演前には各テーブルで同協会認定マジシャンによるコミュニケーションマジックを披露する。

 長戸さんは「先日も熊本の益城町を訪問したが、まだまだ復興しているとは言えなかった。東北の震災も忘れがちなので、このショーが思い出すきっかけになれば」と話し、「ホテルでの食事を楽しみマジックを見ることがチャリティーにつながるので、ぜひ来場を」と呼び掛ける。

 開演時間は19時~21時(開場18時)。参加費は1万2,000円(飲食代含む)。小学生以下の同伴は先着30人無料。申し込み方法などはフェイスブックページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加