天気予報

18

11

みん経トピックス

日帰り温泉施設が川柳募集湘南フィルム・コミッション

廃シートベルトからビジネスバッグ-藤沢のプロダクトメーカーが発売

  • 0
廃シートベルトからビジネスバッグ-藤沢のプロダクトメーカーが発売

「ビジネスバッグ/TAFシリーズ トートバッグL」(21,000円)

写真を拡大 地図を拡大

 プロダクトメーカーのクレアトーレ(藤沢市鵠沼海岸6、TEL 0466-60-3939)は、廃シートベルトと廃エアバッグを再利用したビジネスマン向けリユース製品「ビジネスバッグ/TAFシリーズ」を開発、昨年12月下旬よりセレクトショップやインテリアショップで販売を始めた。

 同社は「湘南」を拠点とし、製品開発を行うかたわら、地元の民間リサイクル研究所と共同でさまざまな廃棄物のリサイクルに取り組む活動を行う。今回、同社のエコプロダクトブランド「innoveco」を立ち上げ、同ブランドのファーストコレクション「ビジネスバッグ/TAFシリーズ」を企画・開発した。同製品は、国内で回収した廃素材を使用、製造ラインもすべて国内という「メード・イン・ジャパン」のハンドメード・リユース製品。

 同シリーズでは、バッグ本体の生地に「人の命を守る」ために頑丈で高い耐久性を維持するシートベルト、内生地や内ポケットにはエアバッグを再利用した。回収する廃シートベルトは、それぞれ柄や色味が異なるため、すべて「一点もの」となり、機能面だけでなく、ファッション性も重視。環境に対して関心の高いユーザーや、ファッション感覚に敏感なビジネスマンをターゲットに据え、「ブリーフケース」「トート」などのラインアップ全4種を用意した。価格は18,900円~33,600円。個々の商品には、1つのバッグに使われている廃棄物率の割合「ECO RATE」とシリアルナンバーを表示する。

 同社の森川さんは「リサイクルが難しく、焼却や埋め立て処理されている廃素材を取り扱うこと考え、第1弾として車のシートベルトとエアバッグを素材にバッグを作った。洗浄・乾燥・選別など手間がかかり、試行錯誤の連続だったが、満足のいく商品ができあがった」と話している。1月中旬からは、オンラインショップでの販売も予定している。

クレアトーレ

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

カラフルなイラストマップが印象的。店舗回りだけでなく、情報収集、校正、入稿などメンバーにとってほとんどの作業が初体験だったという
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング