食べる

鎌倉にハワイ&沖縄料理メーンのカフェ-ハワイアン雑貨店をリニューアルへ

ハワイの名物ドーナッツ「マラサダ」を小ぶりにし、食べやすくした「BABY DONUTS」を店頭でも販売

ハワイの名物ドーナッツ「マラサダ」を小ぶりにし、食べやすくした「BABY DONUTS」を店頭でも販売

  •  

 鎌倉・大町に2月19日、ハワイと沖縄の料理を提供するレストランカフェ「801table」(鎌倉市大町1、TEL 0467-50-0527)がオープンした。

・「801table」を運営するオーナーの台さんファミリー

 オーナーの台さんは、5年前より同地でハワイアン・アンティーク雑貨店「kanaloa」を運営している。店内のカウンターでカフェメニューも提供していたが、この度カフェ営業を拡大し、新たにハワイと沖縄の料理を提供する「カフェ専門店」としてリニューアルオープン。「kanaloa」は雑貨のみを扱う店として隣に移転した。

[広告]

 店舗面積は約7坪。席数は18席。沖縄の米軍ハウスをイメージして改装した店内は全体を白で統一し、明るく清潔な印象だ。飲食業で仕事をしていた経験も持つ台さんが好きなハワイと沖縄の料理を提供したいと、双方の人気メニューを取り入れ提供する。

 ハワイ料理では「ロコモコ」(890円)、「ガーリックシュリンププレート」(850円)、沖縄料理では「タコライス」「沖縄やきそば」「スパムエッグライス」などを用意し、いずれもテークアウトに対応。ディナーメニューにはオムライスやビーフシチューなどの洋食も提供するという。ハワイの名物ドーナツ「マラサダ」を小ぶりにし、食べやすくした「BABY DONUTS」も考案。チーズ味やシナモンシュガー味を用意し、「店頭販売などで積極的に販売していきたい」意向だ。

 今後、以前から開催しているハワイアンなどのライブも継続して行うが、「ソウルミュージックのライブなども開いていきたい」と台さん。

 営業時間は11時~21時。月曜定休。