学ぶ・知る

新郎新婦が映画の主役になるブライダル演出ムービー、鎌倉の企業が販売

公式サイトではサンプル映像も視聴できる

公式サイトではサンプル映像も視聴できる

  •  
  •  

 婚礼ITメディア事業などを手掛けるアンプラグド(鎌倉市材木座3、TEL 03-5159-5170)が7月、映像プロダクションのユーグラッド(東京都中央区)と提携し、新郎新婦の顔写真を動画に合成できるブライダル演出ムービー「フォト2シネマ」の販売を始めた。

 新郎新婦の顔写真を用意するだけで、まるで自分たちが俳優として演じたかのようなオリジナルムービーが作れる同シネマ。実際に映画を製作すると膨大な費用がかかるが、合成プロセスに最新の技術を導入することで、短期間でリーズナブルに製作できるようにした。

[広告]

内容は、「GATE TO DESTINY~運命の扉~」と題した古代ローマ帝国が舞台の物語。新婦にそっくりな姫を新郎にそっくりな王子が敵から助け出すストーリーで、目や口など顔の表情も動く。披露宴での新郎新婦の入場時や衣装替え後の再入場、2次会のオープニングなどに上映することで、ゲストに驚きと笑いを提供する。

 取り扱いは全国約30のホテル・結婚式場で順次開始しているが、ブライダルフェアなどの誘客ツールの一つとしてもアピールしており、その場で新郎新婦の写真を撮影し、デモ画面を確認することも可能。「結婚式の印象を決めるのが最初に流れるオープニング映像。参加者誰もが笑顔になる、壮大な映画仕立てのわくわくする映像を届けていきたい」と同社の湯倉優さん。

 作品時間は2分23秒。価格は上映費込みで3万9,800円。納品期間は約2週間。

  • はてなブックマークに追加