天気予報

11

3

みん経トピックス

鎌倉の近代建築の歴史散歩本アニメで鎌倉郊外リアル描写

J1湘南今年の「爆勝祈願」は鎌倉で 段葛を黄緑色のサポーターが練り歩く

J1湘南今年の「爆勝祈願」は鎌倉で 段葛を黄緑色のサポーターが練り歩く

サポーターの背番号12にちなみ藤沢駅12時12分発に乗車する

写真を拡大 地図を拡大

 J1湘南ベルマーレは1月13日、サポーターや放送部メンバーらが鶴岡八幡宮に詣でて、その後フットサルチームの試合を応援する「爆勝祈願2018in鎌倉&フットサルクラブを応援しよう!」を開く。

一昨年、江の島シーキャンドル下のサンセットテラスで記念撮影。選手や監督もサプライズで参加した

 スタジアムナビゲーターの三村ロンドさんら放送部の企画で2008年に始まった「爆勝祈願」イベント。これまでは藤沢駅から江ノ電に乗車し江島神社に参拝するルートで、昨年は約300人が参加した。

 今回は新たに鎌倉市がホームタウンに加わったことから、初めて鶴岡八幡宮に参拝する。同日が、フットサルチームが初めて進出するプレーオフの試合開催日のため、希望者には駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場(東京都世田谷区)へ向かう行程をオプションで加えた。

 当日は11時45分に藤沢の小田急百貨店2階北側デッキに集合、12時12分発の江ノ電で終点の鎌倉駅まで乗車、徒歩で同神社に向かう。若宮大路の中心にある段葛(だんかずら)を黄緑色のユニホームやグッズを身に着けた大勢のサポーターが歩くことになる。参拝後に境内で記念撮影を行った後、希望者はフットサルチームの応援に向かう。

 「昨年は始動日前だったのにいきなり選手や監督が現れ、スタッフにとってもサプライズだった」と振り返るのは広報の吉川真行さん。「今年は午前・午後とも練習なのでさすがに…」と笑う。

 行程への途中参加や離脱は自由だが、ユニホームやベルマーレカラーの服の着用を呼び掛ける。

 吉川真行さんは「J2降格から1シーズンで優勝して昇格したが、来シーズンもJ1で戦えるよう皆さんのご支援、ご声援をお願いしたい。クラブにとっても今年最初のイベントにぜひお越しいただければ」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は11時45分~15時ごろ。参加無料。希望者は同日午後のFリーグプレーオフを観戦。交通費、Fリーグチケットは各自購入。荒天中止。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

トークイベントで自著について語る富岡さん。会場からはエピソードを伝えるたびにどよめきが起こった
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング