見る・遊ぶ

湘南学園小児童、海岸で砂の像作り 新入生歓迎・交歓会で

砂の像を作る湘南学園小学校の児童

砂の像を作る湘南学園小学校の児童

  •  

 湘南学園小学校(藤沢市鵠沼松が岡4)の伝統行事である「交歓会」が4月26日、片瀬西浜海岸で行われた。全校児童での新入生の歓迎を目的に1935(昭和10)年から行っているもので、現在は砂の像を作ることが恒例となっている。

 当日は朝から準備を行い、天候や海の状況など生徒の安全を確認したうえで、児童は手をつなぎながら海まで20分ほどの距離を移動した。

[広告]

河本洋子校長は「今年のテーマである『親子動物園』をモチーフにクラスごとに砂の像を作った。2時間ほどの時間を経て、江の島をバックに動物の親子36体並んだ姿が圧巻だった」と話した。