見る・遊ぶ 学ぶ・知る

藤沢駅前のアートギャラリーが15周年 アート専門の貸しスペース新設

貸しスペースとして提供を始めたボックスと現在展示販売している作品

貸しスペースとして提供を始めたボックスと現在展示販売している作品

  •  
  •  

 藤沢駅前のアートギャラリー「ロスピノス」(藤沢市南藤沢7、TEL 0466-26-2000)が4月で15周年を迎え、店内の一角をアーティスト専門のレンタルスペースにリニューアルした。

 カフェを併設する同ギャラリー。オーナーの齋藤純一さんが地元出身の作家を中心としたアーティストの支援を行いたいと創業した。

[広告]

 「1日1万円で借りられる貸し画廊として、これまで延べ1500人以上の方に利用されてきた。敷居が高いと思われがちなアートを身近にしたいと考え、2017年からは私がキュレーションしたアート雑貨も販売している」と齋藤さん。「15周年を迎えたのを期に、誰にでもアートを展示販売できるアートクラフトレンタルスペースを作った」という。

 店内の壁に新設したボックス棚を貸し出す。サイズは、横幅=60センチ、奥行=30センチ、高さ=30センチ。利用料は月額2,000円で、3カ月以上の利用が条件。

 「生まれ育った藤沢など湘南エリアには多くのアーティストがいる。プロ・アマ問わず、気軽に利用してほしい」と話す。

 営業時間は12時~18時。オリジナルブレンドコーヒー、紅茶は300円。火曜・水曜定休。

  • はてなブックマークに追加