暮らす・働く 学ぶ・知る

辻堂が「本当に住みやすい街大賞」で5位 昨年1位も地価高騰で順位落とす

1位となった八王子市の担当者(右から2番目)を囲む、実業家でタレントのROLANDさんとタレントの南明奈さん。左から2番目はアルヒ株式会社社長の浜田宏さん

1位となった八王子市の担当者(右から2番目)を囲む、実業家でタレントのROLANDさんとタレントの南明奈さん。左から2番目はアルヒ株式会社社長の浜田宏さん

  • 78

  •  

 「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞 2023」が12月15日発表され、藤沢市辻堂が総合ランキングで5位になった。昨年は1位だった。

[広告]

 大賞の発表は同日13時から恵比寿ガーデンルーム(東京都渋谷区)で行われ、住宅評論家の櫻井幸雄さんと不動産コンサルタントの岡本郁雄さんが登壇。八王子市出身の実業家でタレントのROLANDさんとタレントの南明奈さんをゲストに迎えランキングを発表した。

 辻堂が5位に選ばれた理由を櫻井さんは「商業施設の進出などで近年整備が進んだ街。道も広く安全で先進的な街づくりがなされている。JRの踏切を行き来しづらい点が問題だったが、アンダーパスで改善した」と話す。「辻堂は昨年は1位を受賞したが、人気が集まったことから地価が高騰し『住みやすさ』という面で一歩後退した。人気が出ると徐々に順位を落とすことが多い。それでも5位に踏みとどまった」とも。

 総評で、岡本さんは「コロナ禍後はライフスタイルが多様化し、住みやすさの観点でコストパフォーマンスやタイムパフォーマンスに優れた街に注目が集まった」とまとめた。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

湘南経済新聞VOTE

湘南経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース