食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

藤沢の鶏そば店・風神軒が「こども食堂」 子どもたちに名物料理を無償提供

風神軒のカウンターで鶏そばを食べる子どもたち

風神軒のカウンターで鶏そばを食べる子どもたち

  • 29

  •  

 藤沢駅北口にある鶏そばの店「風神軒」(藤沢市藤沢)が6月18日、「こども食堂」を開いた。

毎月第3火曜の16時~18時に「こども食堂」を開く風神軒

[広告]

 2023年8月にオープンした同店。同店名物メニューの「鶏そば」は、自家製ブランドの香味野菜と煮込んだ濃厚鶏白湯スープ、「食感にこだわった」という沖縄そばの麺を使って作る。

 当日は、「鶏そば」ハーフサイズの「鶏白湯」「みそ」のいずれかと「鶏ご飯」を小学生以下に無償で提供した。

 経営するFUZIN・JAPAN社長の榎本文武さんは「初めてのこども食堂だったが大雨だったので、『子どもたちは来てくれるだろうか』と不安だったが、子どもたちが次々と来店し、店内の席が埋まっていった。待ち遠しそうにキッチンをのぞく姿や、大きな口を開けて食べる子どもたちのうれしそうな顔が見られた」と振り返る。

 こども食堂を始めたのは、「子どもたちの居場所をつくってあげたいから」と話す榎本さん。「幼い頃、一人でいる時間が嫌いだった。毎日は無理だが、月1回なら開ける。親が帰ってくるまでの間、みんなで温かい鶏そばを食べて、おしゃべりしたり、遊んだりする場になれれば」と話す。

 今後は毎月第3火曜の16時~18時に行う。

湘南経済新聞VOTE

湘南経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース