いがらしろみさんの店で秋のジャム販売開始-今シーズンの新作も

秋のコンフィチュール(=ジャム)が並ぶ「Romi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール)」店内

秋のコンフィチュール(=ジャム)が並ぶ「Romi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール)」店内

  • 0

  •  

 手作りのコンフィチュール(=ジャム)を販売する「Romi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール)」(鎌倉市扇ガ谷1、TEL 0467-61-3033)は9月19日から、秋のメニューにリニューアルした。

[広告]

 菓子研究家のいがらしろみさんの店である同店は、「お菓子みたいなジャム」(同店)作りをコンセプトに、15坪の店内で一つひとつ手作りし、1シーズンに50~60種類、年間では約200種類のジャムを店頭に並べる。また、容器持参の来店客用に毎日3種類の量り売りのジャムも用意する。

 秋メニューはりんごやいちじく、洋梨など秋の果物を使用したメニューを中心に57種類。代表的なメニューは「Tatin(タタン)=りんご、バニラ、キャラメルと発酵バター」(700円)、「Terre(テール)=かぼちゃとさつまいもとメイプルシロップ」(700円)、「Caramel Bretagne(キャラメル・ブルターニュ)=キャラメルと発酵バターとゲランドの塩」(700円)など。また「Tete(テテ)=洋梨とカシス」(650円)、「Charmant(シャルモン)=いちごとフランボワーズとブラックベリー」(650円)は今シーズン初めて登場した。価格はいずれも80グラム入り。

 同店PR担当の宮岡綾さんは「秋メニューではりんごやいちじく、洋梨など秋らしいジャムが登場するほか、秋冬限定チョコレートのペースト『タルティネシリーズ』も加わり、品ぞろえも充実している。ジャムと一緒に少し早い秋を楽しんでほしい」と話している。

 同店では、現在「easy traveler カナダ・オンタリオ展」を開催している。期間中、オンタリオ州産のメープルシロップやフェア限定のメープルシロップを使ったジャムの販売も行う。10月10日まで。営業時間は10時~18時。無休。同店では、毎月第1金曜日に量り売りのイベント「Jam Jam Day」を開催。次回は10月5日。

Romi-Unie Confiture

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

湘南経済新聞VOTE

湘南経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース