鎌倉・七里ヶ浜に新たな複合施設-テナント6店舗と住戸で構成

七里ヶ浜のロケーションを融合させた新シンボル「WEEKEND HOUSE ALLEY」パース図

七里ヶ浜のロケーションを融合させた新シンボル「WEEKEND HOUSE ALLEY」パース図

  • 0

  •  

 鎌倉・七里ヶ浜の国道134号線沿いに3月22日、複合施設「WEEKEND HOUSE ALLEY」(鎌倉市七里ガ浜1)がオープンする。

[広告]

 敷地面積は2,436.23平方メートル。七里ヶ浜というロケーションを考慮し設計された施設は、テナント6店舗と住居13戸で構成される。プロデュースは、コーポラティブ方式による住居の企画・設計などを手がける都市デザインシステム(東京都渋谷区)が、ブランディングはトランジットジェネラルオフィス(東京都目黒区)が、建築は千葉学建築計画事務所(東京都渋谷区)が手がけ、新しい七里ヶ浜スタイルを提案する。

 テナント1階は、サーフショップ「BLUE HORIZON」やビーチスタイルを提案するセレクトショップ「CHER-SHORE」、ペットグッズ&グルーミングショップ「THE PARK HUNTER PLUS」、モノに新たな付加価値を加え再生させる「REBILT」のセレクトショップの4店舗。2階は、オーストラリアで人気のレストラン「ビルズ」が日本初進出するほか、ヘアサロン「BEAUTRIUM」が出店する。施設の延べ床面積は、2,609.22平方メートル。

 建築を担当した千葉学さんは「地域独特のスケール感や空気感、これらを最大限に感じられるようにと、建物を7つの棟に分け、切り通しのような小道を作った。小道を作ったことで、建物すべての場所からそれぞれ違う風景が楽しめるようになっている。犬の散歩に来た近所の人がフラリと立ち寄り、サーファーが階段に座って海を眺めながら休憩するような、そんな開かれた場所になってほしい」と話す。

都市デザインシステム千葉学建築計画事務所

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース