13日から「鎌倉まつり」-テーマに「世界遺産登録」掲げる

「流鏑馬(やぶさめ)」イメージ

「流鏑馬(やぶさめ)」イメージ

  •  

 鎌倉の春の恒例行事となる「鎌倉まつり」が4月13日~20日、鶴岡八幡宮を中心に市内各所で開催される。

 古都の春を彩るイベントとして市民・観光客らに親しまれている同祭。第1回開催は1959年で、それまで鎌倉市内各所で行われていた「頼朝まつり」「桜まつり」「義経まつり」などを統合し、全市を挙げて祭りの雰囲気を盛り上げようと誕生したもの。今年で50回目。

[広告]

 スケジュールは、13日11時~13時30分、若宮大路で「第50回記念パレード」を実施、同日、鶴岡八幡宮舞殿では琴の演奏に続き、18時から「静の舞」が奉納される。そのほか、19日13時~=義経まつり(万福寺)、20日13時~=流鏑馬(やぶさめ、鶴岡八幡宮馬場)、4月18日~20日の日没~20時=武家の古都ライトアップ(長谷寺・大仏・光則寺・鎌倉文学館)、4月14日~18日13時~=「世界遺産候補地寺社特別拝観めぐり」など。期間中、同観光協会が事前に募集した「メッセージ提灯」も終夜点灯する。

 今回の「鎌倉まつり」ではテーマに「世界遺産登録」を掲げる。鎌倉市観光協会は「1992年に『古都鎌倉の寺院・神社ほか』が日本政府によりユネスコの世界遺産暫定目録に登載され、『武家の古都・鎌倉』をコンセプトに掲げ、現在、登録に向けた準備を進めている」と話す。

第50回鎌倉まつり