逗子海岸、関東一早く「海開き」-組合設立60周年のプレイベントも

「関東で一番早く海開き」する逗子海岸(写真=イメージ)

「関東で一番早く海開き」する逗子海岸(写真=イメージ)

  •  
  •  

 逗子海水浴場(逗子市新宿1)が6月26日、今年も関東のトップを切って「海開き」を行う。これに伴い逗子海岸営業共同組合(TEL 046-871-3850)は今19日から、環境保護をテーマとする「逗子ビーチリゾートプレオープン」を開く。今年で創立60周年を迎える同組合の記念事業の一環。

組合創立60周年を記念して逗子海岸に登場する「暑中見舞いハガキ」専用の丸型ポスト

 期間中、「砂浜減少シンポジウム」や地元NPOが主催するビーチクリーン・ビーチコーミングなどの環境保護イベント、ウインドサーフィン・シーカヤックなどのマリンスポーツの無料体験プログラム、フラダンス、ビーサン飛ばし選手権など多彩な企画を用意する。

[広告]

 記念事業について、同組合の眞壁克昌理事長は「一緒に考え、遊び、美化保全・環境活動をすることで、エコ・ストップ温暖化の実現を考えていきたい」と話す。「これからも『快適で安全な逗子ビーチリゾート』として皆さんに心から楽しんでいただけるよういろいろ工夫していく」とも。

 プレイベントは今月25日まで。海開きは8月30日まで。

  • はてなブックマークに追加