暮らす・働く 学ぶ・知る

湘南で海岸林守る緑化活動-市民ボランティア参加呼び掛け

過去のボランティア参加者

過去のボランティア参加者

  • 0

  •  

 緑化活動を支援するNPO「地球緑化センター」(東京都中央区、TEL 03-3241-6450)は6月24日に湘南海岸砂防林で行う海岸林を守る活動に参加するボランティアを募集している。

ツル切り作業の様子

 藤沢市から大磯町まで全長11.4キロメートルにわたる湘南海岸砂防林は、飛砂や塩害から湘南を守っているほか、都市部にある貴重な海岸緑地として地域の憩いの場ともなっている。同NPOは同海岸林を一般市民の手でも守る重要性から、2008年よりボランティアと共に保護活動を続けている。昨年の東日本大震災を経て海岸林の重要性が再認識されていることも活動の背景にあるという。

[広告]

 ボランティアに参加する意義について、同NPOは環境を守ることや社会貢献だけでなく、企業のCSR活動やチームワーク作りを挙げる。「関東近郊で日帰りのボランティアを行うことで、都市部の人に身近にボランティア体験の場を提供したい」との狙いもある。

 当日の活動は、ツタ切り、下草刈りなど海岸林内の整備と、同海岸林の歴史などを学ぶ砂浜教室。過去の参加者からは「砂防林、防風林の役割がここまで重要とは」「湘南の海の近くにこんな森のような所があるとは思わなかった」などの感想が寄せられた。

 同NPO主幹の加藤秀一さんは「誰でも気軽に参加できる活動で、初心者も歓迎。友人、仕事仲間などで誘い合って参加してもらえれば」と話す。

 ボランティア募集は6月15日まで。ホームページから申込用紙を入手した上、ファクスか郵送で申し込む。参加費は一般1,000円、学生500円(資料、保険代含む)。定員50人。

 開催時間は9時50分~15時30分。雨天決行。悪天候の場合は主催者判断で延期、中止の場合も。7月21日、9月22日にも同様の活動を予定している。申し込み方法などの詳細は同ホームページまで。