暮らす・働く 学ぶ・知る

鎌倉で「カマコン感謝祭」-カマコンバレー発足1周年イベント

フィリピンJICAがカマコンバレーを訪問した際のプレゼン風景

フィリピンJICAがカマコンバレーを訪問した際のプレゼン風景

  •  
  •  

 鎌倉市の鎌倉宮(鎌倉市二階堂)で、6月8日、カマコンバレー発足1周年を迎えて「カマコン感謝祭」が開かれる。

 活動報告会と懇親会の2部構成の同イベント。活動報告では、「カマコンバレーについて」「カマコンバレーのプロジェクト実績報告」のほか、「鎌倉のこれからをみんなで語ろう!」をテーマに行う。1年間の活動報告に加え、カマコンバレーについて知ってもらい興味をもってもらうのが狙い。

[広告]

 カマコンバレーは、「この街を熱くしたい人をITで全力支援します。」をコンセプトに集まった企業や個人から成る団体。昨年4月にカマコンバレーLLPを設立。鎌倉で活躍する人や企業をITを使って応援する活動を行っている。メンバーも当初の7社から、法人17社、個人51人までに増え、定例会には100人以上が関わるようになったという。

 活動内容としては月1回の定例会、鎌倉市限定クラウドファンディング「iikuni」が中心で、過去には「鎌倉ご当地ナンバープレートデザイン公募を盛り上げようプロジェクト」「鎌倉市議会議員選挙を盛り上げようプロジェクト」「鎌倉建長寺で禅を学べるハッカソン『ZENHACK』」などを実施した。

 「地方から日本を盛り上げていくため、その先行事例になれば。特に、ITに何らかの形で仕事上従事する人は増えており、そうした中で地域活動に参加して貢献したいという思いを持つ方にとっては、その一つの解を示せていると思っている」と話すのは、同理事で面白法人カヤック(鎌倉市小町2)の柳澤大輔社長。

 開場は13時で、14時~15時=活動報告会、15時~17時=懇親会。参加希望者は同事務局まで、名前と参加人数を記入してメール(info@kamacon.com)で申し込む。

  • はてなブックマークに追加