見る・遊ぶ

新江ノ島水族館で3Dマッピング使った「ナイトアクアリウム」

7月20日から実施される10周年記念企画「ナイトアクアリウム」(イメージ)

7月20日から実施される10周年記念企画「ナイトアクアリウム」(イメージ)

  •  

 新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸2、TEL 0466-29-9960)相模湾大水槽など館内各所で7月20日から、10周年記念企画「ナイトアクアリウム」が行われる。

「海月の宇宙」の画像(テスト上映の撮影)

 「3D プロジェクションマッピング」を用い、「えのすい」ならではのファンタジックな海の世界を紹介する同企画。 特殊な視覚映像演出で、水槽や床、壁面を利用し、昼とは全く違う夜の海の世界を紹介する。また各展示水槽では、この時間ならではの面白い行動や生態の生き物たちをクローズアップ。水槽照明もブルーに変更し、昼とは違った水族館を楽しむことができるという。

[広告]

 このほか、7月12日からは、クラゲショー「海月の宇宙」がリニューアル。これも「3Dプロジェクションマッピング」を用い、新たなクラゲとのコラボレーションショーを上演。「癒しをテーマとした、光と音の演出によるオリジナルのクラゲショーを進化させるべく、昨今より話題の3Dプロジェクションマッピングを採り入れることを決めた」と話すのは、同水族館広報室長の高井純一さん。

 「昼間の水族館では、イルカ・アシカショーのリニューアルや、自由研究の参考になる展示やプログラムが充実。『ナイトアクアリウム』では、昼間とは違うファンタジックな海の世界が館内各所に広がる。昼と夜、2つの水族館をお楽しみいただきたい」とも。

 「海月の宇宙」 リニューアルは、7月12日からクラゲファンタジーホールで、11時から閉館1時間前までの毎時00分より開催。特別企画 「ナイトアクアリウム」は、相模湾大水槽他で、17時~20時。7月20日~11月30日(期間中休催日あり)。