学ぶ・知る

湘南T-SITEに電気自動車試乗エリア-VWが新たな試み

e-mobility station@湘南T-SITEの外観

e-mobility station@湘南T-SITEの外観

  • 0

  •  

 フォルクスワーゲン グループ ジャパン(愛知県豊橋市)は12月10日、期間限定の体験試乗エリア「e-mobility station@湘南T-SITE」を、藤沢市の環境配慮型街区「Fujisawa サステナブル・スマートタウン」(藤沢市辻堂元町6)にオープンした。

e-mobility station@湘南T-SITEの店内の様子

[広告]

 同エリアは、「代官山T-SITE」(東京都渋谷区)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(東京都渋谷区)とのコラボレーションにより生まれた。ここでは、新しく開発された、試乗の際のドライバーの脳波を測定するシステム「感性アナライザ」により感性を数値化し27カテゴリに分類、出力シートに表示する。そのデータを基に、ドライバーの嗜好(しこう)などに合った本のジャンルやコーヒーも紹介する。

 併せて、蔦屋書店にある本の中から、ブックコーディネーターの内沼晋太郎さんがセレクトした「ライフスタイルのヒントとなる」書籍3000冊を試乗場所に導入。世界バリスタチャンピオンでもある軽井沢の丸山珈琲は27の脳状態にあったコーヒーを提供する。

 制作を担当したovaque(おばけ)のプランナー、松倉早星さんは「藤沢SSTは電気を使った日本でも有数の環境に配慮した先進的な街でポジティブな魅力にあふれている。電気自動車を運転する楽しさを発信する最初の街としては最適」と話す。

 営業時間は10時~20時。火曜定休(12月23日は営業、26日振替定休)。2月15日まで。e-driving(脳波測定)試乗(11時~16時30分)は、年内は12月28日までと1月以降は土曜・日曜・祝日のみ。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

湘南経済新聞VOTE

湘南経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース