見る・遊ぶ 買う

鎌倉の一軒家カフェで「かまくら女子になる講座」卒業生が企画

プラントハンガー作りのワークショップを行う講座の卒業生3人

プラントハンガー作りのワークショップを行う講座の卒業生3人

  •  

 鎌倉の一軒家カフェ「テールベルト」(鎌倉市扇ガ谷3)で8月29日、アクセサリー、ファッション、アート、ヨガなど、女性が好きなことや時間をシェアして楽しむイベント「Kamakura Share Day」が開催される。主催は「かまくらの学校」。

一軒家カフェ「テールベルト」の1階と2階のすべてが会場となる

 運営スタッフは、かまくらの学校が今年2月~3月に5回行った「かまくら女子になる講座」を受講したメンバー。同講座は、鎌倉で好きなことを仕事に活躍する女性たちを訪ね、ワークショップ体験を通して自分らしく第一歩を踏み出すヒントと勇気を手にすることがテーマだった。今回のイベントは、その卒業制作という一面も持つ。

[広告]

 会場となる同カフェは同講座の第1回が開かれた会場でもあり、メンバーたちが初めて出会った場所。思い入れのある一軒家カフェ全体を貸し切って展示や販売、ワークショップなどを行う。

 1階では、魔よけや幸運を呼ぶといわれるヘナアートのデモンストレーションをはじめ、手形アート、アフリカ布雑貨、クリスタル小物などの展示販売など、いずれも卒業生によるもの。2階では、パーソナルスタイリストによるアクセサリーのスタイリング講座、ヨガインストラクターによるトークセッションとプチヨガ体験、講座の卒業生3人が指導するプラントハンガー作りのワークショップを行う。

 リーダーの笹山佳子さんは「当日は3つのワークショップのほか、クリエーターとして始動したメンバーの作品展示やデモンストレーション、ささやかなドリンクコーナーも用意している。これから自分はどうしたいのか、夢や好きなことを形にしたいけれど、その一歩をなかなか踏み出せないでいる女性たちにぜひ参加してもらいたい。試行錯誤をしながら、新たな一歩や変化を楽しんでいる私たちにも会いに来てほしい。穏やかな雰囲気の中で、来場者自身が好きなことを感じ取るきっかけになれば」と話す。

 開催時間は10時~19時。1階の展示ブースは入場無料で出入自由。2階で行うワークショップは有料で、事前申込制。ホームページで受け付けている。