食べる

鎌倉に「J.S. BURGERS CAFE」 地元職人とコラボ・鎌倉限定クラフトバーガーも

黒いバンズが印象的な鎌倉クラフトバーガー。職人がこだわって作っている市内の食材をセレクトして開発した

黒いバンズが印象的な鎌倉クラフトバーガー。職人がこだわって作っている市内の食材をセレクトして開発した

  •  
  •  

 鎌倉駅東口に7月16日、アメリカンスタイルのハンバーガーショップ「J.S. BURGERS CAFE」(鎌倉市小町1)がオープンする。

小さなバンズから大きなメンチカツが飛び出しているオーバーメンチカツバーガーはテークアウト限定。鎌倉ビールや大仏ビールなど地元のクラフトビールも用意する

 同店はアパレル企業ベイクルーズ(東京都渋谷区)が展開するフード事業の一つで、新宿、渋谷、原宿、池袋、海老名に続き6店目の出店となる。「こだわりとトレンドを凝縮した、一番身近なグルメバーガーショップ」がコンセプト。つなぎを使わないビーフ100%のパティと野菜たっぷりのハンバーガーは、食べ応えがありながらヘルシーだという。

[広告]

 鎌倉店限定メニューとして、「鎌倉クラフトバーガー」(1,480円)と「オーバーメンチカツバーガー」(270円)を用意する。

 「鎌倉クラフトバーガー」は従来の氷温熟成パティと新鮮な野菜をベースに、「パラダイスアレイ」の竹炭バンズ、「そば切り 佳人」の鎌倉スモークチーズ、「鎌倉ハム 富岡商会」のベーコン、「鎌倉しらす 三郎丸」の湘南しらす沖漬けなど地元の職人たちがこだわって作っている食材を盛り込んだ。黒と緑と紫の色合いはアジサイの咲く鎌倉の風景をイメージしたという。

 「オーバーメンチカツバーガー」はテークアウト限定で、小さなバンズに「肉の石川」の大きな和牛・相模豚のメンチカツを挟む。ソースは「三留商店」の野菜と香辛料の香り豊かな鎌倉洋食ソースかさっぱりとしたシーソルト&レモンが選べる。

 そのほか、J.S.バーガー(1,210円)、ジンジャーテリヤキバーガー(1,110円)、ヒッコリースモークバーガー(1,380円)、モンスターパティバーガー(1,620円)、メープルバターB.L.Tサンド(880円)、ブラウンホットドッグ(780円)や、サイドディッシュやスイーツ、アルコール、ソフトドリンクなども用意する。

 外観はモノトーンを貴重にしたシックなデザインで、店舗面積は30平方メートル、席数は48席。

 オープン記念として、店頭のフォトブースで画像撮影し「#jsburgerscafe」を付けてSNSに投稿した人に「オーバーメンチカツバーガー」を100円で提供する。

 同社の西橋成美さんは「オーバーメンチカツバーガーはミニサイズで食べ歩きにぴったり。特に鎌倉クラフトバーガーは組み合わせやバランスなど試行錯誤して開発した商品で、観光客だけでなく地元の方にもぜひ味わっていただきたい」と話す。

 営業時間は10時~22時(7月16日~18日のみ12時~)。

  • はてなブックマークに追加