天気予報

26

19

みん経トピックス

鎌倉でソーラーミニカー作り鎌倉禅寺で「Zen2.0」

藤沢でレゴブロックのファンイベント 参加型で楽しめる2日間

藤沢でレゴブロックのファンイベント 参加型で楽しめる2日間

昨年の展示作品。回転ずしの店内をレゴブロックだけで細かく再現している

写真を拡大 地図を拡大

 ココテラス湘南(藤沢市辻堂神台2)で8月26日・27日、レゴブロックのファンイベント「湘南ブロックパーク~あそべる・さわれる・はっけんできる~」が開かれる。主催は湘南ブロックプロジェクト。

昨年はブロックで「100年未来の辻堂」の街を参加者と一緒に創作した

 同プロジェクトは「レゴブロックの面白さを知ってもらいながら参加者も自分たちも楽しむ」をテーマに、神奈川県在住のレゴブロック好き有志が立ち上げた非営利団体。昨年11月に辻堂駅100周年イベントに合わせて第1回を開いたところ、1日で約700人が来場した。

 「『レゴブロックでこんな作品ができるなんて』『いろいろなジャンルのレゴがあるのに驚いた』など、皆さんに興味を持っていただけた」と同プロジェクト代表の相原崇史さん。「より多くの人に楽しんでもらおうと今回は2日間にした。もちろん自分たちも、より楽しめるので」と笑う。

 ブロックアーティストたちの作品展示や世界でも活躍する五十川芳仁さんによるメカニック作品の実演、ロボット作品のデモンストレーション、懐かしいレゴブロックのアーカイブ展示など趣向を凝らす。

 来場者が手を動かして楽しめるように、大きな作品作りに挑戦できる大量のブロックを置いたプールのほか、ブロックで作られた射的やブロック飛ばし、魚釣りなどの縁日コーナーなども設ける。レゴブロック以外にも、四角や三角のパーツとジョイントパーツで平面や立体ができるパズル「LaQ」、プラモブロック、アナログゲームなども用意する。

 26日には、藤沢市の非公認キャラクター「江ノ島さんぽちゃん」、27日には「きゅんとするまち。藤沢」の公式マスコット「ふじキュン」も来場する。

 相原さんは「見るだけでなく、遊べて、著名ビルダーたちと直接話もできる点が特徴。レゴだけでなくさまざまなブロックで楽しめるよう工夫を凝らしたので、まずは体験してほしい。今後も定期的に開いていければ」と話す。

 開催時間は10時~16時(入場は15時30分まで)。入場無料(縁日コーナー、ワークショップなど一部有料)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

表面には絵本に登場するロケーションが、裏面には同路線の豆知識や魅力を掲載した
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング