見る・遊ぶ

湘南が拠点の女子プロバスケチーム「湘南サンズ」が初優勝

優勝湘南サンズ。左から桂、根岸、本田、小沼の各選手

優勝湘南サンズ。左から桂、根岸、本田、小沼の各選手

  •  

 湘南を拠点とする3人制プロバスケットボールチーム「湘南サンズ」(神奈川県藤沢市)の女子チームが4月8日、ゼビオアリーナ(宮城県仙台市)で開催された「3x3.EXE(スリーバースリードットエグゼ) TOURNAMENT JAPAN FINAL WOMEN」に出場した。

この日、東日本地区ファイナルのメンバーとして小沼、根岸、本田、桂の4選手で予選3試合を戦い、全勝で通過し決勝ラウンドへ進出。準決勝も勝ち上がり、決勝は、東日本地区ファイナルの準決勝で敗戦した「Space Ball Mag」 と対戦。延長戦にもつれ込む接戦の末、湘南サンズが勝利し、チーム初優勝を果たした。

[広告]

  昨年夏湘南に招待した南相馬(宮城県)の中学生バスケットボール部の部員も顧問と共に会場へ駆け付け、湘南サンズの選手に熱い声援を送った。生徒らは会場にいる選手たちと交流したり、選手と写真を撮ったりして2日間の大会を満喫した。

  女子チームGMの湘南サンズ及川啓史選手は「全員が初となる1日5試合というタフなスケジュールを戦いきってくれた。応援に駆け付けてくれた南相馬の子どもたちの声援にしっかりと応えることができて一安心。目指すレベルはもっともっと上なので、この経験を次につなげたい」とコメントする。