食べる 学ぶ・知る

パナソニックと辻堂在住焙煎家がコラボ 「焙煎したてのコーヒー」の楽しさ伝える

自家焙煎清次郎の種井清次郎さん(中央)による前回のワークショップイベントの様子

自家焙煎清次郎の種井清次郎さん(中央)による前回のワークショップイベントの様子

  •  

 地元焙煎(ばいせん)家が自家焙煎コーヒーの奥深さを伝えるイベント「自家焙煎清次郎 presents 美味(おい)しいコーヒーを楽しむ会」が9月15日、湘南T-SITE(藤沢市辻堂元町6)内3号館にあるクラシンク(TEL 0466-53-8737)で行われる。

 辻堂にある2410Cafe(ツジドウカフェ)所属の種井清次郎さんが、地域に根ざした「くらしサービス事業」を展開するライフスタイル共創型ショップ「Panasonic KURA_THINK(パナソニッククラシンク)」とコラボレーションした企画。同店は84月のオープン以来、地域の専門家などと積極的に連携し、さまざまなイベントを開催している。

[広告]

 今回のイベントでは、種井さんがパナソニックの新型焙煎機「The Roast」を使って焙煎したコーヒーをハンドドリップで入れるまでをワークショップ形式で体験できるようにする。

 「ハンドドリップのポイントやコーヒーカップの選び方など、普段気に留めないところにも違いが現れるということをお伝えしたい。店内のカフェスタンドでコーヒーも提供する」と種井さん。

 開催時間は11時~18時。ドリンク料金は1杯400円~。ワークショップは予約制で、参加費は1500円。50グラムのコーヒー豆が土産に付く。定員6人。