買う 学ぶ・知る

藤沢駅前に個室型レンタルオフィス 地元不動産会社が開設、郊外オフィス利用に

企画・設計・内装を担当した鈴木良隆さんと貞松尚美さん

企画・設計・内装を担当した鈴木良隆さんと貞松尚美さん

  •  

 ベンチャー企業の本店居住地や、個人事業主のスモールオフィスや週末起業・副業の拠点として利用が可能な個室型レンタルオフィス「me-labo(ミラボ、藤沢市南藤沢)」が藤沢駅前にオープンした。

藤沢駅南口にオープンした個室型レンタルオフィスme-laboの館内。

 企画・建築を手掛けたのは市内に拠点を置く不動産会社のセット。自然と調和する家づくりをスローガンに、戸建住宅を企画・建築してきたノウハウをオフィスづくりに活かした。

[広告]

 同社でシェアオフィスプロジェクトの企画を担当した鈴木良隆さんは「総務省のテレワーク・リモートワーク推進の流れもあり、コワーキングスペースの需要の高まりを見ていた。市内にはコワーキングスペースがすでに複数運営されており、その隙間としての個室型シェアオフィスには需要があると見込んだ」と説明する。

 無垢(むく)材をふんだんに使った各個室の意匠を担当したのは同社の貞松尚美さん。「女性的で、温かみと清潔感があり、居心地の良い空間を目指した。ワーキングチェアや据え付け棚のほか、電源やWi-Fi、宅配ボックスなども整っており、誰でもその日から自分のオフィスを持つことができるのが魅力」と笑顔を見せる。

 金額は各部屋によって異なるが、月額3万5,640円からもっとも高い個室でも4万8,600円。今後、市内在住で都内に通勤するオフィスワーカーのための郊外オフィスとしても需要を見込む。

 「スマートキーで24時間の出入りを可能にし、個別のポストも用意することで登記利用や住所利用にも対応した。オフィスにこだわらず、好きな蔵書と過ごす個人の書斎や自分だけの秘密基地としても使ってほしい」と鈴木さん。

 年内に契約の場合は初月の賃料が無料になるキャンペーンをおこなう。見学も可能。問い合わせ、申し込みは専用のホームページから受け付ける。