見る・遊ぶ 学ぶ・知る

大磯町で探検ワークショップ 昔の写真と同じ場所で「今」撮影

大磯今昔アプリナビゲーターの森川孝郎さん(左)と講師のMIWAKATOHさん(右)

大磯今昔アプリナビゲーターの森川孝郎さん(左)と講師のMIWAKATOHさん(右)

  •  
  •  

 大磯の昔の写真を手掛かりに、同じ場所を探して撮影するイベント「大磯今昔写真 撮影会2019」が10月13日、大磯町ふれあい会館(大磯町大磯)で行われる。

スマホ用アプリ「大磯今昔写真」上で表示された今と昔の写真

 ご当地観光ナビアプリとしてサービスを提供する「大磯今昔写真アプリ」に掲載する写真を撮影するイベントで、コンパクトデジカメや、スマートフォン、タブレットなど「カメラ」を持参すれば参加できる手軽さも特徴。

[広告]

 大磯町観光協会理事の森川孝郎(たかお)さんは「大磯の昔の写真から今の場所を探してゲーム感覚で楽しんでいただけるイベント。撮影した写真は後日アプリに登録して見られるようになる」と話す。

 イベントは会館から町中に出向く撮影会と、撮影してきた写真の講評もする発表会の2部構成。写真撮影の講師は、有名雑誌の表紙やパリの現代芸術の中心施設「ポンピドゥー・センター」での作品展示など、国際的にも活躍しているプロカメラマンMIWAKATOH(加藤美和)さんが務める。

 開催時間は9時30分~14時(予定)。事前予約制で、申込締め切りは10月7日。申し込みはホームページのほかはがきでも受け付ける。

  • はてなブックマークに追加