学ぶ・知る

藤沢の塾講師が書籍出版 「中学受験」テーマに

書籍を手にする著書の米本喜彦さん(右)と、同時期に出版をした友人の大田寛子さん(左)

書籍を手にする著書の米本喜彦さん(右)と、同時期に出版をした友人の大田寛子さん(左)

  • 9

  •  

 学習塾「Shonan FELIX(しょうなんふぇりっくす)」(藤沢市藤沢、TEL 0466-47-6290)を運営する塾講師の米本喜彦さんが11月18日、書籍「中学受験のススメ」を刊行した。

米本喜彦さんが出版した「中学受験のススメ」の装丁

[広告]

 2008(平成13)年に開業した同塾。藤沢を中心に、小学生から高校生を対象に受験対策や学力向上、ロボット教室、「育脳」などを指導する。社長の米本さんはNPO「日本コミュニケーションスキルアカデミー」認定P.C.S.トレーナーとして、親子関係改善にも取り組んでおり、これまでにも、子どもへの接し方をテーマにした書籍「先生、ウチの子〇〇(マルマル)がありません!」を刊行している。

 米本さんは「今回の書籍は、入社3年以内に退職してしまう人が3人に1人いるという厚生労働省発表の情報を知ったのが執筆のきっかけ。子どもが社会に出てから簡単につぶれないためにはどうしたら良いかを考えた」と話す。「中学受験を子育ての一環としてとらえ、親子の絆を深めつつ、社会に出てからも人間関係の荒波を力強く泳ぎきるための参考書になれば」とも。

 「一番読んでもらいたい部分は、中学受験の勉強を通し、子どもへの寄り添い方が分かるところと、『勉強しなさい』と言わなくても、進んで勉強に取り組めるようになる、そのきっかけを作れるようになること。現在、テレビドラマなどで中学受験が取り上げられ、大変さや過激さなどをイメージしてしまう人もいるかも知れないが、中学受験は親子で乗り越える最初で最後のチャレンジであり、絆を深める最高の機会と感じている。ぜひ中学受験の素晴らしさを知ってほしい」と米本さん。

 同書には、2013(平成18)年から米本さんが自身のブログに載せている「言いまつがいシリーズ」の一部を収録。「子どもたちの頑張っている部分とお茶目な部分を浮き彫りにすることで、塾でも子どもが伸び伸びと楽しんでいる様子をお伝えしたかった。中学受験を考えている人も、そうでない人も、お子さんの幸せを考えている全ての親御さんに読んでほしい」と話す。

 価格は1,980円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

湘南経済新聞VOTE

湘南経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース