藤沢の映像プロダクションが子どものサーフィン大会

第1回「’007湘南グロメッツ最高!!カップ」が開催される鵠沼海岸

第1回「’007湘南グロメッツ最高!!カップ」が開催される鵠沼海岸

  •  
  •  

 サーフィンDVD「最高シリーズ」の企画、制作をするインピアンクープロダクションズ(藤沢市鵠沼海岸6)が8月18日(予備日19日)、藤沢市の鵠沼海岸で子どもたちのサーフィン大会「’007湘南グロメッツ最高!!カップ」を開催する。

 同大会は、同社の中野智道社長が藤沢市片瀬出身で、小さいころから湘南でサーフィンをし、サーフィンを通じてたくさんの人に出会い、「バリ最高!!」や「湘南最高!!」をはじめとするサーフィンDVD「最高!!シリーズ」が生まれたことから、「サーフィンへの恩返しと子どもたちにサーフィンを通じて、子どもたち同士、地域の人、プロサーファーとのコミュニケーションが生まれれば」との願いから企画されたもの。今回が1回目。

[広告]

 大会の実行委員には、湘南出身のプロサーファー進藤晃さん、サーフィン雑誌「サーフファースト」赤井得士さん、世界サーフィン連盟のゼネラルマネージャーである近江俊哉さんなどが名を連ねる。実行委員長は、70年代のサーフシーンのスーパースターでソエダ・サーフボードジャパン(平塚市)の添田博道さん。大会運営は、NSA(日本サ−フィン連盟)湘南地区4支部。

 大会の参加は、中学生以下を対象にした「U-15ショートボード」「U-12ショートボード」「U-10ショートボード」「ガールズU-15」、小学生1・2年生以下の補助者ありで参加できる「初心者クラス」の4クラスを設定。約130人が参加する予定。エントリー費は無料(ただし、事前申し込みが必要)。他にも事前登録なしで誰で参加できるキッズサーフィンスクールも開講する(サーフボードレンタル無料)。

 同社の配島さんは「大会に参加する子どもたちが、プロサーファーや大会スタッフなど多くの人とのコミュニケーションを通して、子供たちの成長の場になればうれしい。海の中のルールやマナー、ビーチクリーンを通して地球環境のことを少しでも考えてもらえれば」と話す。

 当日の集合場所は、藤沢市鵠沼海岸スケートパーク前。6時30分エントリー開始。受け付けは、8月8日まで。

インピアンクープロダクションズ

  • はてなブックマークに追加