70年代・湘南ポップカルチャーがドラマ化-茅ヶ崎のカフェ舞台に

「サンシャイン デイズ」に登場する「カフェBB」と湘南サウンドスタイルを繰り広げる出演者

「サンシャイン デイズ」に登場する「カフェBB」と湘南サウンドスタイルを繰り広げる出演者

  •  
  •  

 1970年代半ば、サーファーやアーティストの隠れ家的スポットとして茅ヶ崎に実在したシチュエーションをもとにした青春ドラマ「サンシャイン デイズ」が、8月12日よりテレビ神奈川で放送される。放送時間は、毎週日曜18時30分から。

 ドラマは、実在したシチュエーションをもとに、茅ヶ崎のシンボルであったリゾートホテル「パシフィックホテル」の傍らに公家の家系である神宮寺家(神宮寺ひかり役=西原亜希さん)が約1000坪の屋敷を構え、この一画を利用して音楽を志す若者とその友人たちがオープンさせた「カフェBB」を舞台に繰り広げられるもので、70年代のオールディーズ青春群像がよみがえる。

[広告]

 出演は、西原亜希さんや斉藤慶太さん、初芝崇史さん(兄弟デュオ「BB役」)らのほか、窪塚俊介さん、大杉漣さんなど。監督は喜多一郎さん。茅ヶ崎のサーフショップオーナーの岩倉具威さんもサーフシーンの指導などで協力している。

 初回の12日と19日はドラマのメーキングが放送され、ドラマは8月26日~12月9日、12回にわたって放送される。第1話は、「あの娘はサンシャインガール!?」。12月16日・23日は、番組で取り上げたアーティストをもとに音楽番組の放送を予定している。

 今秋には、モバイル版「サンシャイン デイズ」の配信がスタートするほか、来年春には「劇場版サンシャイン デイズ」の公開も予定。

「サンシャイン デイズ」公式ホームページ

  • はてなブックマークに追加