カヤック、鎌倉・若宮大路に新業態丼カフェ「bowls」-飲食事業進出

「DONBURIタワー」が設置された「bowls」、サイトでは「丼レシピ」も公開中

「DONBURIタワー」が設置された「bowls」、サイトでは「丼レシピ」も公開中

  •  
  •  

 ネットビジネスを手がけるカヤック(鎌倉市小町2)は12月12日、鎌倉・若宮大路沿いに初の飲食店となる丼カフェダイニング「bowls」(鎌倉市小町2、TEL 0467-61-3501)をオープンする。

 同社オフィスが入るビルの1階に開いた同店は、鎌倉の地がもつ「和」のイメージを取り入れながらも気軽に楽しめる「カジュアル・ジャパニーズ」を提案する丼カフェ。店舗面積は40坪、席数は59席。店内には、天井までそびえ建つDONBURIタワーを据えた。同社の企画アイデアなどをもとに、東京を中心に「WIRED CAFE」などを展開するカフェ・カンパニー(東京都渋谷区)が店舗デザインなどのプロデュースを手がけ、個室会席「銀座朝川」の伊藤ミナ子代表がスーパーバイザーとして参加した。

[広告]

 S・M・Lの 3サイズから選べる丼を中心としたメニューは、「コリコリ釜あげしらす丼」(M=950円)や、「もち豚の生姜焼き丼」(M=980円)、「ごろごろ野菜のBUDDHA丼」(M=980円)など約13種類を提供。ほかにも、前菜やサラダ、グリル、スイーツメニューなどを取り扱う。客単価は、ランチ=1,000円、ディナー=3,500円。

 同店では、食する以外にも同店コンセプトである「楽しい」企画を用意。注文した丼の底に「アタリ」が出ると「丼勘定」の値引きサービスや、「MY丼制度」として同店が販売するオリジナル丼や作家による丼(2,600円~)を購入すると「名誉ドンブラー」として特別料金で同店の料理が味わえるなど。

 同店の阿部祐之店長は「三崎漁港より仕入れた魚介類や、地野菜や旬な食材を使用し、『和』をイメージしながらもオリジナリティーあふれる和洋折衷の丼を提供する。観光地の鎌倉でありながら、地元の人が気軽に入れてゆっくり楽しめる空間を作り、『おいしいアイデア』を日々追求し、『来て楽しい』『注文して楽しい』『味わって楽しい』店になれれば」と話している。

 営業時間は、月曜~木曜・日曜・祝日=11時~24時、金曜・土曜=11時~翌2時。

DONBURI CAFE DINNING bowlsカヤック鎌倉新オフィス、KDaの和テイスト内装デザインが話題に(湘南経済新聞)

  • はてなブックマークに追加