スパイス料理専門の「移動式カフェ」、由比ガ浜でスペイン風イベント

 鎌倉・寅堂でスペインをテーマにした料理と音楽のイベントを開催する「移動チャイ屋」の料理例。卵や肉などを一切使わない野菜中心の体に優しいレシピが人気を集めている。

 鎌倉・寅堂でスペインをテーマにした料理と音楽のイベントを開催する「移動チャイ屋」の料理例。卵や肉などを一切使わない野菜中心の体に優しいレシピが人気を集めている。

  •  
  •  

 スパイス料理を提供する「移動チャイ屋」が11月8日、鎌倉・寅堂(鎌倉市由比ヶ浜2、TEL 0467-24-4789)でスペインをテーマにした音楽と料理のイベント「La Feria(ラ フィリア)」を開く。

「移動チャイ屋」で料理を振舞うメタ・バラッツさん。人や音楽、料理を結びつけるイベントを各所で開催している

 移動チャイ屋を手掛けるのは、鎌倉在住のメタ・バラッツさん。1954(昭和29)年に父親が創業し、本場インドのスパイスを日本各地の高級スーパーや百貨店に提供している会社「アナン」で仕事をする傍ら、昨年より「移動チャイ屋」を始めた。これまでインドやスイス、スペインなど世界各地で勉強し友人の輪を広げてきた体験からも、「何もないところから、音楽や人や料理など、何かがあるもの・場を生み出すことがしたい」(バラッツさん)という。月に一度、「稲村ヶ崎食堂」でもスパイス料理を提供するほか、都心で仲間と料理研究を行う「東京スパイス番長」としても活動。「卵や肉、精白糖を一切使わない、旬の野菜を使った体に優しいレシピ」が人気を集めている。

[広告]

 当日は、フラメンコギタリスト・日野道生さんが演奏を奏でる中、スペイン風スパイス料理をビュッフェスタイルで提供する。メニューは、サモサを油揚げで包み、揚げずにオーブンで仕上げた「いなりサモサ」、豆や野菜カレーをチャパティにロールした「フィンガーフード」からデザート、チャイまで20種類ほどが並ぶ。「気になる料理があれば、レシピも提供する」とも。

 開催時間は18時~20時30分。料金は6,000円。定員25人~30人。

  • はてなブックマークに追加