暮らす・働く

平塚市博物館で「博物館文化祭」-自主研究グループなど12サークル参加

平塚市博物館で行われている「博物館文化祭」の様子

平塚市博物館で行われている「博物館文化祭」の様子

  •  
  •  

 平塚市博物館(平塚市浅間町、TEL 0463‐33‐5111)で現在、「博物館文化祭」が開かれている。今回で15回目。

 同館で活動するサークルが学芸員とともに1年間学び、調べ、研究した成果を展示・報告会・実演を通じて発表する。自主研究グループなどが、それぞれの会について紹介したり活動の成果を発表したりすることを目的に始まった。

[広告]

 参加するのは、お囃子(はやし)研究会、古文書講読会、湘南コケの会、神奈川キノコの会、東国史跡調査団、古代生活実験室、平塚の古代を学ぶ会など12サークル。考古、歴史、民俗、生物、地質、天文などにまたがる内容を模型や実物資料、写真などを使って報告する。

 期間中、口頭で発表する活動報告会(9日13時~16時10分)も開く。「学習活動の積み重ねが成果となって表れている。他の地域の博物館などで活動している方々との交流も行っている」と同館学芸担当・学芸員の鳫宏道さん。

 「学びの成果を形にするという作業は苦労を伴うが、そのハードルを越えたときに、もたらされる喜び、見に来てくれた方の感想、活動への称賛などが得難い体験になり次の目標に向かう力になっている」とも。

 開館時間は9時~17時。月曜休館。入館無料。2月16日まで。

  • はてなブックマークに追加