食べる

藤沢にそば店「あいづ」-店主が最も美味と感じた会津磐梯粉使う

そば店「あいづ」の「あいづランチ」

そば店「あいづ」の「あいづランチ」

  •  
  •  

 藤沢に7月20日、そば店「あいづ」(藤沢市南藤沢、TEL 0466-54-9500)がオープンした。

 店舗面積25坪、席数 48席の同店。ランチタイムには、茶わん蒸し、八寸、小鉢2種、サラダ、野菜天ぷら、かもスモーク、せいろ、デザートから成る「あいづランチ」(1,512円)やお好みで天茶を楽しんでもらえるよう、だし汁を付けた「ミニ天丼セット」(972円)を用意。せいろ(648円)、かも南そば(1,296円)のほか、おつまみとしてかも焼き(864円)やかもつくね(864円)などもそろえる。

[広告]

 店主は、すし、焼き肉、そばなどの飲食業界に約30年携わってきた野津学さん。「全国各地のそばを食べ、会津磐梯粉を使ったそばが一番おいしいと思い、店名もあいづにした。そば好きな方に来てもらいたい」という。こだわりは「会津磐梯粉8割、小麦粉2割を使った自家製麺と、だしの利いた濃厚なやや辛口のそばつゆ」とも。

 営業時間は11時~22時(ランチタイムは14時まで)。

  • はてなブックマークに追加