見る・遊ぶ

茅ヶ崎のカフェで陶芸家の初個展―器や小物など91点

すずの木カフェでの「伊藤瞳 陶展」の展示風景

すずの木カフェでの「伊藤瞳 陶展」の展示風景

  •  
  •  

 茅ヶ崎の「すずの木カフェ」(茅ヶ崎市元町4、TEL 0467-82-3411)で現在、「伊藤瞳 陶展」が開かれている。

会期中の期間限定デザートに使用している器

 陶芸家 ・伊藤瞳さんが開く初めての個展。日常使いに向いた器や小物など計91点を並べる。コーヒーカップ、スープカップ、ティーポット、スクエアプレートなど益子(ましこ)の土を使って、「自然にあるものをモチーフに、線彫りの技法で絵柄を描いている」という。

[広告]

 伊藤さんは1981年静岡県生まれ。2004年大阪芸術大学放送学科広告コースを卒業し、2005年に陶芸を学ぶことを決意。栃木県益子町の横山陶芸に入社。2009年に平塚市の陶芸家伊集院真理子に師事。2014年、山梨県忍野村にアトリエを築いた。

 伊藤さんは「大学の時は映像を専攻していた。制作会社で働いたが、違和感を感じてその道を離れた後、以前から興味のあった陶芸を学ぼうと、全てをリセットして、焼き物の産地、栃木県益子に引っ越した」と話す。「日々の生活を大事にしている、または大事にしようと思っている人に見てもらいたい」とも。

 営業時間は11時30分~18時。日曜・月曜定休。11月1日まで。

  • はてなブックマークに追加