見る・遊ぶ 暮らす・働く

平塚市が「手をつなぎたくなる」写真募集 SNS使い今後の広報に活用

イベントのプロモーション用写真は湘南ベルマーレひらつかビーチパークのボードウオークで撮影した

イベントのプロモーション用写真は湘南ベルマーレひらつかビーチパークのボードウオークで撮影した

  •  
  •  

 平塚市の魅力を発信するシティプロモーションの一環として7月17日、「#hiratsukagoodフォトキャンペーン」で平塚の景色や思い出を収めた写真の募集が始まった。

広報用ボードを手にする担当者。写真は平塚湘南海岸公園で開かれたSunSunマルシェでのワンシーン

 「手をつなぎたくなる街 湘南ひらつか」をスローガンに、同市の都市イメージ向上や定住促進の魅力を伝えていく同プロモーション。第1弾として同キャンペーンで写真を募り、優秀作品を今後の広報活動などに使っていくという。

[広告]

 「行政だけでは用意するのは難しいため、よりテーマに合ったシーンを広く一般から募ることにした。より応募しやすいようにSNSを使った」と話すのは平塚市企画政策部の下田宏さん。応募ツールに「インスタグラム」を採用し、アカウントを取得すれば誰もが投稿できる環境を整えた。

 「ギュッと手をつなぎたくなる」をテーマに、平塚のビーチや自然、街、公園、祭り、マルシェなどさまざまなシーンで撮影した、人と人のつながりや温かさを感じる写真が対象。市内在住・在勤・在学者だけでなく観光や遊びで訪れた人など誰でも何枚でも応募できる。すでに投稿枚数は400枚を超えているという。

 下田さんは「予想以上の投稿数とクオリティーの高さに驚いている。これから撮影するのはもちろん、これまでに子どもや家族、仲間と一緒に撮ったスナップなども気軽に投稿してほしい」と呼び掛ける。

 詳しい応募方法はホームページのキャンペーンサイトで確認できる。募集は9月30日まで。

  • はてなブックマークに追加