暮らす・働く 学ぶ・知る

茅ヶ崎の海辺に新たなコワーキングスペース 交流生む図書館の併設も

Cの辺り店内で笑顔を見せるオーナーの池田一彦さん

Cの辺り店内で笑顔を見せるオーナーの池田一彦さん

  • 220

  •  

 コワーキングスペース「Cの辺り」(茅ヶ崎市中海岸3)が9月1日、茅ヶ崎の国道134号沿いにオープンした。

正面がCの辺りの「マイ本棚」。本棚オーナーが自分の本を貸し出しする

[広告]

 茅ヶ崎市のモニュメント「茅ヶ崎サザンC」の目の前にオープンした同店。元はダイビングショップだった場所を借り、5月から「床張りワークショップ」、「本棚作りワークショップ」などのDIYイベントを重ねて手づくりしたという。

 オーナーの池田一彦さんは「茅ヶ崎に住んでいて、元々は長年勤めた会社を離れ独立することになったことから仕事場探しを始めたのがきっかけ。妻と会社を立ち上げて地域の居場所づくりもしたいと考えていたところ、サザンビーチのシンボルでもある『茅ヶ崎サザンC』のすぐ前の物件を見つけ、コワーキングスペースとしての営業を発想した」と話す。

 砂浜の目の前にある同店は、全ての席から海が見えるのが特徴。海の風を感じながら仕事をし、アイディアに煮詰まったら気軽に海岸を歩いたりできる。砂浜でパソコンを開いたり、たき火をしながら読書したりできるようにと、ローチェアやたき火台の貸し出しや、まきの提供も行う。本好きが「ライブラリーオーナー」として自分の本を貸し出す「マイ本棚」の仕組みも導入。来店者は誰でも無料で図書を閲覧したり借りることができる。

 池田さんは「運営者や管理者などサービス提供側とお客さまや会員など利用者側の境目を限りなくぼやかしていくのがテーマ。妻との間には小さな子どもがおり、自分たちだけでは土曜・日曜や夕方以降に店を開けることが難しいが、『お店番営業』という仕組みでメンバーに店番をしてもらうことで、開店が難しい日にも営業することができるようにもした。(コワーキングスペースの)仕事がメインの場所というイメージにとらわれず、図書館を活用して読書をしたり、本好きの仲間とコーヒーを飲みながら本について談義したりするなど、それぞれの過ごし方を見つけてほしい」と話す。

 営業時間は9時~17時。月額利用料は、レギュラーメンバー=1万5,000円、ライブラリーオーナー=2,000円。店前に有料駐車場あり。土曜・日曜・祝日の不定期営業には注意が必要。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース