学ぶ・知る

藤沢発の事業承継オンライン講座 湘南のブランド豚「みやじ豚」社長が講師に

イベントページが映ったパソコンを手にするdaidaiの関清一郎社長

イベントページが映ったパソコンを手にするdaidaiの関清一郎社長

  • 23

  •  

 藤沢市内で「承継学」に関する学びとコミュニティーを提供している「daidai(ダイダイ)」(藤沢市鵠沼橘1)が9月10日、「事業承継」をテーマにしたオンライン講座の第2回を開く。講師は藤沢市内で養豚業「みやじ豚」を営む宮治勇輔さん。

[広告]

 承継学は、事業承継を「M&A(合併・買収)実務」「ファミリービジネス理論」「幸せ視点」の3点から捉えた事業承継の学び。中小企業を現経営者と後継者、経営チームと家族チームに分類し、家族視点の事業承継を目指すのが特徴という。

 同社社長の関清一郎さんは「2025年に全国で約127万社が後継者不在のため廃業の危機に直面すると予測されている。一方、性急なM&Aを推し進める弊害として、承継後の摩擦が発生するなどの事象も増えている」と話す。

 「地域の中小企業は地域固有の文化をつないでいる会社が多いが、現状では家族や地域の納得や理解を得られないまま手続きを進めることも多く、その結果、家族が不幸せになったり、地域の伝統文化が継承されなかったりする事例が起きている。『家族視点の事業承継』を通じて、会社と後継者の選択肢を増やしたい」と話す。

 9月3日に1回目のオンライン講座「日本の伝統とファミリー企業の精神性」を、日本全国の職人と共にオリジナルアイテムを開発する「和(あ)える」の矢島里佳社長を招き開催。2回目は、「一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にする」というビジョンを掲げ、家業のブランド化を成し遂げた宮治勇輔さんが「ファミリー企業の魅力と可能性を考える」をテーマに話すという。

 19時開始。参加無料。イベントプラットフォーム「Peatix」専用ページより申し込みが必要。締め切りは9月9日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

湘南経済新聞VOTE

湘南経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース