天気予報

26

22

みん経トピックス

「アロハテーブル」が海の家逗子にイルカと触れ合う施設

北鎌倉に「焙煎コーヒー豆」販売店-脱サラ、4年間の修行を経て開業

  • 0
北鎌倉に「焙煎コーヒー豆」販売店-脱サラ、4年間の修行を経て開業

築40年の民家をリフォームした同店の様子-木の柱や梁など古いものを残し、床は松の板張り、壁は珪藻土と自然素材を使用した

写真を拡大 地図を拡大

 北鎌倉に7月17日、世界各地の「スペシャルティコーヒー」の焙煎(ばいせん)豆を販売する「石かわ珈琲」(鎌倉市山ノ内、TEL 0467-81-3008)がオープンした。

7月17日オープンの「石かわ珈琲」店内カフェスペースの様子

 オーナーの石川新一さんは、都内の企業に勤務時代に「珈琲工房HORIGUCHI」(東京都世田谷区)のスペシャルティコーヒーに出会い「それまでのコーヒーの概念が覆されるほどの衝撃を受けた」という。「おいしいコーヒーを提供し、もっとおいしいコーヒーがあることを知ってもらいたい。自分が体験したような感動を味わってもらいたい」と独立を決意。2005年8月から約4年間にわたり、同店や石川県内のコーヒー店で知識を習得したり、焙煎技術を磨いたりするなどした後、「海と山の自然があり、街並みも好きだった」という鎌倉に移住、「石かわ珈琲」の開店にこぎ着けた。

 販売する焙煎豆は、しっかりとしたコクと苦味・長く続く余韻が特徴という「きたかまブレンド:フレンチロースト/深煎り」などのブレンドコーヒー豆3種(いずれも200グラム1,000円)と、ストレートコーヒー豆各種(200グラム1,000円~)。今年収穫された生豆を使用、毎日少量ずつ焙煎して新鮮な状態で提供するという。店内には9席のカフェスペースも設け、ハンドドリップのコーヒー(500円)や日替わりの手作りケーキ(300円~)などを提供する。

 「豆を買って家庭でもおいしいコーヒーを飲んでもらいたい」と石川さん。「家庭でのおいしい飲み方もどんどん発信していく」とも。

 営業時間は11時~18時。木曜定休。ウェブやファクスによる通信販売も行う。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

講師も務める大滝さん自身も子育て中。今年3月まで鎌倉女子大の教育系・保育系・社会学系科目で教壇に立っていた
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング