天気予報

19

10

みん経トピックス

大磯今昔写真アプリ誕生鎌倉古書店で活版カーニバル

鎌倉で東日本大震災「追悼・復興祈願祭」 宗旨・宗派超え祈りささげる

鎌倉で東日本大震災「追悼・復興祈願祭」 宗旨・宗派超え祈りささげる

鎌倉雪ノ下カトリック教会で行われた「追悼・復興祈願祭」(2013年開催の様子)

写真を拡大 地図を拡大

 東日本大震災から5年目となる3月11日、鎌倉雪ノ下カトリック教会(鎌倉市小町2)で3宗教合同の「追悼・復興祈願祭」が開かれる。主催は鎌倉宗教者会議。

列をなし本堂へ向かう神道、キリスト教、仏教の宗教者たち

 同会議は鎌倉市内の神道、仏教、キリスト教の宗教者で組織し、宗旨・宗派を超えた活動を行っている。2011年の震災から1カ月後の4月11日に鶴岡八幡宮で第1回を行って以来、毎年3月11日に同祭を行ってきた。会場は3宗教の持ち回りとなっており、今年はキリスト教会で行う。

 当日は、14時15分から100人近い神職や僧侶、司祭・牧師らの行列が鎌倉聖ミカエル教会を出発し、小町通りを南下し鎌倉駅前ロータリー経て若宮大路を北上するコースを巡り会場の教会へ到着する予定。

 14時46分に大聖堂入り口で鐘の音に合わせ1分間黙祷した後、大聖堂内で祈りをささげる。

 前日の10日は17時30分から、僧侶が材木座の九品寺から光明寺へ向かい、18時から「東日本大震災復興祈願 万灯会(まんとうえ)」を開く。神道のお祓(はら)い、仏教の祈願、キリスト教の祝福を受けた「特別祈願ローソク」を境内にともし、浄土宗、真言宗、臨済宗、日蓮宗の僧侶が宗派を超えて法要を行う。

 同会事務局の明王院副住職・仲田晶弘さんは「『宗教都市鎌倉』ならではの宗教・宗派を超えた祈りと心をささげる場を設けた。参列できない方も14時46分に合わせて市内の寺院や教会の鐘が鳴るので、その場でお祈りいただければ」と呼び掛ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ランナーを迎えるゴール地点。折り返し点から前方に富士山を見ながら走ることになる
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング