天気予報

9

5

みん経トピックス

鎌倉で3宗教で復興祈願祭鎌倉で震災復興支援イベント

「鎌倉こども源平合戦」100人が真剣にチャンバラごっこ 協賛も募る

「鎌倉こども源平合戦」100人が真剣にチャンバラごっこ 協賛も募る

出陣に向け気勢を上げる子どもたち。敵将を倒すために野山を走り回った(昨年の様子)

写真を拡大 地図を拡大

 鎌倉中央公園(鎌倉市山崎)で5月5日、子どもから大人までがチャンバラで戦う「鎌倉こども源平合戦」が開かれる。主催は「鎌倉もののふの会」。

昨年の様子。今年の「鎌倉源平ちゃんばら合戦」から「鎌倉こども源平合戦」にタイトルを改め100人の「武士」を集める

 スポンジ製の刀を手に紅白に別れて戦い、敵将を倒したチームが勝利するというシンプルなルール。禁止事項は一切無く、腕に付けたゴムボールを相手に落とされると「討ち死に」となる。どちらかが勝利すると、あらためて合戦が始まり終了時間まで繰り返す。昨年は54人が集まり、広大な自然の中に子どもたちの声が響き渡ったという。

 「たった一つの命が落とされたらそれ以上戦うことができないことを遊びの中で実感してほしかった」と話すのは同会代表の鎌倉智士さん。「昨年は子どもも大人も関係なく夢中で戦った。泣いたり悔しがったり、多少のけがをしたりするのは真剣に向き合って遊んだ証。ただ最後に敵将を倒した多くが実はお母さんたちだった」と笑う。

 鎌倉幕府が滅亡したのは1333(元弘3)年5月。狐坂(きつねざか)合戦や山崎合戦があった同地にも多くの戦死者が眠っている。「今の鎌倉の礎となった方々への供養の念を胸に、次世代を担う子どもたちの健やかな育ちを祈念するイベント」として企画したという。

 昨年は用具代や保険代などの実費として参加費500円を集めたが、今年は無料での開催を目指し現在1口1,000円で協賛金を募っている。運営費も含め目標金額は9万2,000円。協賛者には当日配布するリーフレットに、口数に応じたサイズの告知スペースを提供する。

 鎌倉さんは「昨年は集まった子どもたちの学校も年齢もまちまちだったことで地域交流の場にもなっていた。今年の目標は100人。より多くの子どもたちが思いきり遊べるよう協賛いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~12時。協賛の申し込み・問い合わせは鎌倉もののふ隊(TEL 090-6513-8892)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

木造部の柱や梁(はり)、外壁などには国産材を、廊下の下駄箱や教室内の棚には神奈川県産のヒノキを使った
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング