クイックシルバーがコンサルした映画「サーフズ・アップ」、12月公開へ

映画「サーフズ・アップ」に登場するプロサーファーのケリー・スレーター

映画「サーフズ・アップ」に登場するプロサーファーのケリー・スレーター

  •  
  •  

 サーフブランドアパレル「QUIKSILVER(クイックシルバー)」を展開するクイックシルバージャパン(茅ヶ崎市茅ヶ崎1)がクリエーティブコンサルタントとして携わってきたフルCGアニメーション映画「サーフズ・アップ」(ソニーピクチャーズ配給)が12月15日に公開される。

 同社は、ストーリーやキャラクターの開発をしていくために、サーフィン用語の使い方や波のでき方などを脚本家やアニメーター、ディレクターたちに伝えサポートするクリエーティブコンサルタントとして2004年より携わってきた。クイックシルバーのプロライダーで、8度のワールドチャンピオンに輝いたケリー・スレーターさんも同作品の中で、自身と同じ「プロサーファーのケリー・スレーター」という設定で登場し、同作品のペングーアイランドで行われるサーフィンコンテストのライブ中継のレポーター役でも起用されている。

[広告]

 同社では現在、同作品の試写会「ジャパンプレミアム」のチケットが当たる携帯会員向けのキャンペーンを行っている。試写会は11月26日、都内某所で行われる。キャンペーンは、「クイックシルバー」「ロキシー」の携帯会員の中から抽選で25組50人を試写会に招待するもので、当日は、同作品の日本語吹き替えを担当した小栗旬さん(コディ役)や山田優さん(ラニ役)、マイク眞木さん(ギーク役)の3人が特別ゲストとして舞台あいさつで来場する予定。

 同社の平田さんは「かわいらしいペンギンの世界ながらも自らが実際にサーフィンをしているかのように体感させる、リアルで迫力のあるサーフィン・シーンが魅力。サーフシーンなどは実写以上にリアルに感じさせる出来。優勝だけを目指していた若いサーファーが、レジェンドサーファーと出会うことで勝つことだけがすべてではないと気づかされるというストーリーは、大人から子どもまで楽しめるはず」と話している。

 応募締め切りは11月15日。応募方法などは、同社ウェブサイトで。

クイックシルバージャパン

  • はてなブックマークに追加