鎌倉に「おから焼きドーナツ」店-地元豆腐店が協力、土産物として売り出す

油で揚げないおからを使ったヘルシーな焼きドーナツ店「鎌倉GEN」がオープン。すでに地元の常連客がついている。

油で揚げないおからを使ったヘルシーな焼きドーナツ店「鎌倉GEN」がオープン。すでに地元の常連客がついている。

  •  

 鎌倉大仏近くに4月1日、油で揚げないおからを使った焼きドーナツ店「鎌倉GEN」(鎌倉市長谷1、TEL 0467-22-9988)がオープンした。

「鎌倉GEN」オーナーの吉田さん。同店は店頭販売のみで、食べ歩き&土産物としての需要を狙う。

 雑貨・アクセサリーショップ「サザンブルー」の敷地内にあったスムージー店跡をリニューアルしてオープンした同店。「鎌倉の食材を使ったスイーツというコンセプトで、野菜やフルーツのように季節によって味や種類が変わってしまうものではなく、鎌倉の土産物として通年親しまれるものを」と、サザンブルーで働いていた吉田さんが「おから」に目を付け、女性に好まれるヘルシーな焼きドーナツを考案した。

[広告]

 鎌倉の老舗店「粂(くめ)豆腐」の新鮮なおからをメーンに、もち粉を生地に配合し、油で揚げず、必要最低限の植物性油を混ぜて焼き上げる。食材には、小豆あんや甘納豆、白みそなどを使い、懐かしい味に仕上げた。「おからは食物繊維やイソフラボンを多く含んでいるので、ヘルシーでおやつや朝食として親しみやすい」とオーナーの吉田さん。「おからともち粉を使っているので、翌日は更に生地が落ち着き、もちもちとおいしくなる」とも。

 商品は、クルミをトッピングした「ほうじ茶」、白チョコとオレンジピールを混ぜた「抹茶」、けしの実が入った「白味噌」、はちみつゼリーを加えた「生姜」、粒あん・クランベリーを練りこんだ「ここあ」「ここなっつ」「黒胡麻」「きなこ」「甘納豆」、季節によって変わる「四季の味」(4月は桜餅)の10種類。価格は160円~190円で、5個から箱売りもする。観光客だけでなく、リピーターとなって大量購入していく地元客もいるという。

 営業時間は10時~18時。