天気予報

18

11

みん経トピックス

アルミ箔で覆った経堂出現へ建長寺で朗読会200回

鎌倉の洋館でシナリオ朗読会-中井貴惠さんが小津作品を

  • 0
鎌倉の洋館でシナリオ朗読会-中井貴惠さんが小津作品を

中井貴恵さんが小津安二郎「晩春」を朗読

写真を拡大 地図を拡大

 鎌倉の洋館を使ったサロン「西御門サローネ」(鎌倉市西御門1)で11月22日、女優・エッセイストの中井貴惠さんによるシナリオ朗読会が開催される。

「茅ヶ崎に小津安二郎作品甦る-活弁シネマライブ」(湘南経済新聞)

 同サロンは、「古い建物を大事にし、文化交流の場に」との思いから、一級建築士事務所のstudio acca(同)が今年4月にオープン。明治から昭和にかけ活躍した作家、里見●(弓へんに享)が住んだ家で、鎌倉市の重要景観建造物に指定されている。現在はイベント開催への貸し出し、ハウスウエディング、同サロン主催の講座開催などを行なっている。

 3回目となる今回の朗読会では、里見さんと親交があったという映画監督の小津安二郎氏のシナリオ「晩春」を、同じく小津監督と親交が深かった俳優、佐田啓二氏の娘である中井さんが朗読。中井さんの提案で、ジャズピアニストの松本峰明さんとのコラボレーションも。

 当日は、中井さんと鎌倉文学館館長の山内静夫さんによる「小津安二郎の思い出を語る」と、中井さんの朗読、松本さんのピアノのよる音語り「晩春」の2部構成で行なわれる。

 主催するstudio accaの久恒利之社長は「昭和元年に造られた大正の香りがする建物。歴史の足跡を見ていただき、その中での朗読と音楽を楽しんでほしい」と魅力を語る。

 13時30分開場、14時開演。参加費は3,000円。事前の予約が必要で、同社(TEL 0467-23-7477、FAX 0467-23-7437)で受け付けている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

カラフルなイラストマップが印象的。店舗回りだけでなく、情報収集、校正、入稿などメンバーにとってほとんどの作業が初体験だったという
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング