暮らす・働く

辻堂駅前の「ママ起業家」向けシェアスペースが閉店へ 創業支援は継続

リンクアスルームの一室と代表の橋本久美子さん

リンクアスルームの一室と代表の橋本久美子さん

  •  

 辻堂駅前でママ起業家向けのレンタルスペースとして運営を続けてきたLinkAs Room(リンクアスルーム)湘南辻堂が11月30日をもって閉店する。

 「2015年からママ起業家向けのレンタルスペースとして営業を続けてきたが、働き方の多様性が一般化する中、レンタルスペースとしてのリンクアスは役目を終えたと考えた」と、オーナーの橋本久美子さんは話す。

[広告]

 もともと橋本さん自身がベビーマッサージの講師として起業したものの、実施できる場所の少なさを痛感し、さらに同じ課題を抱えている「ママ起業家」が多くいることを知ったのが、レンタルスペース開設のきっかけだったという。

 「結婚をきっかけに仕事を離れる女性が多いが、子育てが落ち着いてきた段階で、いわゆる再就職ではなく、自分のテーマを自分のペースでビジネスにしていきたいというニーズがあり、それに応えたかった」と言う。自分自身の経験からユーザー目線で使いやすいエリアを選び、その中でレンタルスペースとして賃貸できる物件を探し、母親と子どもが居心地の良い空間づくりをした。

 「おかげさまでたくさんのママ起業家に場所を提供できたが、定期利用者が2人目3人目の子どもを授かって子育てに戻ったり、事業が軌道に乗って『卒業』して自分自身でスペースを持つようになったりなど、ユーザーの状況の変化が想像以上に早かった。さらにここ数年で場所を必要としないウェブセミナーが一般的になり、働き方改革の流れの中で場所にとらわれない働き方が推奨されるようになるなど、環境の変化があった」と振り返る。

 閉店後も、橋本さんは母親の起業支援サポート「LinkAs」として女性の創業支援などを続けるという。「創業で大事なのは自分の特性を知ること。性格分析と強みを見つけるという側面から引き続き起業家のサポートをしていきたい」と笑顔を見せる。