天気予報

29

24

みん経トピックス

鎌倉の出版社に出会える本棚鎌倉古民家で佐渡人形浄瑠璃

湘南茅ヶ崎ラーメン祭 22年前の「湘南ラーメン」も復活

湘南茅ヶ崎ラーメン祭 22年前の「湘南ラーメン」も復活

市外からの来場者も多かった昨年の様子。今年は1日増えて4日間開催となった

写真を拡大 地図を拡大

 「第3回湘南茅ヶ崎ラーメン祭」が1月8日、茅ヶ崎中央公園(茅ヶ崎市茅ヶ崎2)で始まった。主催は湘南ラーメン会と茅ヶ崎市観光協会。

22年前に誕生。特製麺づくりに手間が掛かるなどの理由で5年前に姿を消していたが、今回のイベント限定で復活する

 茅ヶ崎は夏のイメージが強く冬のイベントも少なかったため、集客による観光振興を目的に3年前から開催。昨年は市内外から3日間で2万2000人が来場した。今回は市民にもゆっくり楽しんでもらおうと平日の1日を加え、初めて4日間開催する。

 来場者は会場入り口で1杯800円の全店共通ラーメン券を購入。各店ブースでラーメンと交換し、トッピングのみ現金で支払うシステム。

 参加店舗は地元茅ヶ崎の湘南ラーメン会、にぼ達に加え、真武咲弥(札幌)、ドゥエイタリアン(東京)、吉祥寺 武蔵家(東京)、赤備(川崎)、小川流 厚木棚沢店(厚木)、気むずかし家(長野)、麺匠 佐蔵(松本)、京都祇園 らぁ~めん京(京都)、ぶたコング(大阪)、長浜ナンバーワン(博多)の12店。各地のバラエティー豊かなラーメンを食べることができる。

 中でも注目は、湘南ナンバー誕生を記念して1994年に市内飲食店に登場したものの5年前に姿を消していた「湘南ラーメン」。今回は市内34店から成る湘南ラーメン会のメンバーが、ワカメを練り込んだ緑色の麺、シラス、エビ、イカなど地元産にこだわった食材と味付けでバージョンアップして復活させる。

 同協会事務局長の新谷雅之さんは「回を重ねながら仕組みや体制、設備なども改善し、『味』『腕』『魂』の三拍子そろった食の祭典に仕上がった。全国の味自慢のラーメンを食べて温まり、茅ヶ崎の観光も楽しんでいただければ」と話す。

 開催時間は11時~18時30分(最終日のみ18時まで)。今月11日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

同展のフライヤー。表紙をはじめ同書のイラストを描く越島はぐさんの作品をフューチャーした
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング