見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「ふじさわサッカーフェス」初開催 多摩大学のリフティングフリースタイルも披露

ふじさわサッカーフェス広報用に配られているチラシ

ふじさわサッカーフェス広報用に配られているチラシ

  •  

 藤沢市の秋葉台運動公園(藤沢市遠藤)の公園内多目的広場で7月27日、「ふじさわサッカーフェス」が初めて実施される。

 藤沢青年会議所が1973(昭和48)年から実施している「第45回 藤沢JC杯 小・中学生サッカー大会」の一環で開催されるもので、サッカービンゴ(PK的入れ)、キックスピードコンテストなど参加型の出し物を目玉に、飲食ブースやサッカーをテーマにしたイラスト展などを展開する。

[広告]

 大会実行委員長の石井世悟さんは「次世代の担い手である少年少女たちにとって、サッカーを通じて自立性と判断力、勇気と情熱、そして新たな友情が芽生えるような大会を目指す。同じようなイベントを開催しようとする団体の模範となることと、藤沢の教育文化の健全な発展に貢献することができたら」と話す。

 同会場では、市内にある「多摩大学」のリフティングパフォーマンスチームOneWay(ワンウェイ)のリフティングパフォーマンスとリフティング教室も行われる。開催時間は、初・中級者向けが9時30分、10時30分、11時30分からの3回。14時からは上級者向けの教室が行われる。

 開催時間は9時~15時。参加無料。