食べる

藤沢「無国籍料理ジャミン」が25周年 七里ガ浜・茅ヶ崎・鎌倉を渡り歩く

店主の新見一太さん(右)とスタッフで次男の鷹之介さん(左)

店主の新見一太さん(右)とスタッフで次男の鷹之介さん(左)

  •  

 藤沢の無国籍料理店「JAMMiN(ジャミン)」(藤沢市鵠沼橘1、0466-27-0605)が6月で25周年を迎える。

 同店は、藤沢市出身の新見一太(いった)さんが鎌倉市・七里ガ浜でオープンした個人経営の飲食店。その後、藤沢店を開き、2010年に茅ヶ崎店、2013年に鎌倉店と、合わせて4店舗を湘南エリアで展開していたが、入居していた賃貸物件の事情やスタッフの独立などの理由で現在は藤沢店のみで営業を続ける。

[広告]

 2012年ごろにはフジテレビ系列で放映されていた「テラスハウス」の出演者がアルバイトをしている店として、メディアにも多く取り上げられた。

 オープン初年度から25年に渡り提供する名物メニューの「クリーミーチキンインド風」は多くのファンを集め、遠方から食べに来る客も多いという。

 「湘南は観光地という側面もあるが、基本的には田舎の地方都市。都内に比べるとお客さんの絶対数が少ない。入るのに勇気がいるような個人店や個性の強い店は続けるのが難しいと言われるが、七里ガ浜から数えて25年、藤沢店もオープンから15年を迎えることができてうれしい。開店当初、両親に連れられてきていた幼稚園児だったお客さんが、今度は自分の子どもを連れて食べに来てくれている。25年は、そういう年月なのだと感じて感慨深い」と新見さん。

 今後の展望については、「七里ガ浜を皮切りに藤沢、茅ヶ崎、鎌倉と展開したが、現在は1店舗。今後は藤沢店に腰を据えてじっくりと愛を込めてやっていきたい。やりたいことでいうと、遠方に引っ越したお客さんから、またあの味を楽しみたいという要望もあり、味を保(たも)てるようであればレトルトパウチのような商品化にも挑戦したい」と話す。

 7月1日に25周年記念パーティーを開催。軽食付きで入場料1000円。ドリンクは500円のキャッシュオンデリパリー方式。

 営業時間は11時30分~23時。