学ぶ・知る

藤沢市役所で小学校低学年向けの「いのちのはなし」 助産師と理学療法士が企画

参加者と記念撮影をするメディトレインの伊藤彰浩さん(後列右側)と助産師の沼澤はるかさん(後列左側)

参加者と記念撮影をするメディトレインの伊藤彰浩さん(後列右側)と助産師の沼澤はるかさん(後列左側)

  • 75

  •  

 藤沢市役所で11月14日、「~家族で聴きたい~助産師が伝える『いのちのはなし』in藤沢」と題した地域向け講座が開催され、小学校低学年の児童と母親を中心に20人ほどが受講した。

助産師の沼澤はるかさんが講座で使用した「いのちのはなし」図解資料

[広告]

 主催は市内で企業の健康経営サポート事業やスポーツトレーナー事業、産前産後ケア事業などを展開するMEDI-TRAIN(メディトレイン)。公益社団法人神奈川県助産師会と、介護事業を運営する「ぐるんとびー」に呼び掛け、共同で企画した。

 講座では助産師の沼澤はるかさんが登壇し、イラストやホワイトボードを使って分かりやすく講義。「いのちのはじまり~成長~誕生」「おなかの中の赤ちゃんはどうしてる?」「赤ちゃんはどこから生まれてくるの?」「自分の大切なからだのこと」の4つに内容を分け、家族で一緒に生まれてきたことの尊さや命の大切さについて伝えた。

 参加者の小学生からは「お母さんは3人の女の子をたくさん生んで大変だったと思うけど生んでくれて感謝だと思う」、保護者からは「なかなか教えるのが難しいと思っていたテーマなのでこのような機会があって本当によかった」などの声が寄せられた。

 メディトレイン社長で、理学療法士でスポーツトレーナーの伊藤彰浩さんは「命の誕生を手伝う助産師と、自分がどうやって生まれてきたのか、命の大切さを一緒に考える機会をつくりたかった」と話す。「定期的に親子向けの講座を開催していく予定なので、参加してほしい」とも。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

湘南経済新聞VOTE

湘南経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース