フォトフラッシュ

新刊「鎌倉には青木さんがいる」

ソフトカバーだが、和の風合いで凹凸のある触り心地のいい紙を表紙に。本文は片手で持った際に指で文字が隠れないよう周囲の余白を大きめに取った

  •  

デザイン事務所「1ミリ」から4月2日、鎌倉で観光人力車の先駆けとして今も現役で活躍している青木登さんが語る新刊「鎌倉には青木さんがいる~老舗人力車、昭和から平成を駆け抜ける~」が発売される。