バレンタイン限定あぶらとり紙-鎌倉の専門店、逆チョコ発想で商品化

バレンタイン限定ゴールド名入れ チョコレート「生成り」あぶらとり紙

バレンタイン限定ゴールド名入れ チョコレート「生成り」あぶらとり紙

  •  
  •  

 鎌倉のあぶらとり紙専門店「鎌倉四葩(よひら)」(鎌倉市長谷1、TEL 0467-25-6133)は現在、「バレンタイン限定ゴールド名入れ チョコレート『生成り』あぶらとり紙」を販売している。

鎌倉のあぶらとり紙専門店、アジサイの季節の限定商品発売 (湘南経済新聞)

 同商品は、ライトベージュの地にチョココレクション柄とキラキラと輝くゴールド箔(はく)押しのハート柄の短冊サイズのケースに、バレンタインデーのプレンゼントの記念となるよう、パッケージを開いた内側に金文字でバレンタインメッセージが入っているのが特徴。あぶらとり紙本体のサイズは約90×68ミリで、麻100%の生成りタイプのあぶらとり紙20枚が入る。価格は320円。

[広告]

 同商品は、バレンタインデーに男性から女性へチョコレートを贈る新しいトレンド「逆チョコ」需要を想定した女性へのプレゼント用として企画されたが、最近ではおしゃれに気を使う男性のあぶらとり紙愛用者も増えていることから、「男性向けプレゼントとしてもおすすめしている」(同店責任者の三木慎也さん)という。「現在、若い女性の間では『スイーツ柄』が流行しており、今後はスイーツ柄パッケージのシリーズの販売を予定している」とも。

 同店は、イトウ(鎌倉市長谷1)が2002年に1号店を出店。現在、長谷店を本店とし北鎌倉と横浜に支店を展開。店名の「よひら」は平安時代後期の歌人「源俊頼」の歌に詠われたアジサイの別名で、「鎌倉の花」にちなんで名付けられた。また、同店のあぶらとり紙は、鎌倉の四季をテーマとした商品展開などを行うことから、「鎌倉みやげ」としても知られる。

 営業時間は10時15分~17時15分。月曜定休。店頭での販売に加え、サイトでも販売している。

  • はてなブックマークに追加